Think-D出版 ~いつもみてるよ。がんばってるの、しってるよ。~

感想・コメント広場
◆応援コメント
◆読者からの感想・メッセージ
◆感想・メッセージ募集中!
応援コメント
本書に対する、暖かいご支援のコメントをいただいております。
「進行する少子化を如何に食い止めるか、この問題は国を挙げて取り組むべき課題です。
現在私は内閣府副大臣として少子化対策の取りまとめ役を仰せつかっております。
我が国のシステムそのものが「妊娠・出産・育児」を支えていく構造に変革していかなければ、近い将来人口の減少は国を衰退させてしまいます。この本は「少子化に対する積極的な活動」を絵本としてかかれたもので、心からエールを送ります。」
山口 泰明 衆議院議員(内閣府副大臣 少子化対策・男女共同参画等 担当)
「妊娠中にはいろいろなことがおこります。妊婦さんは医師から説明を受けた時に、医学的に理解できても、気持ちとしては割り切れないことや受け入れがたいことが沢山あるものです。毎日妊婦さんにお会いしている私としては、新しくお母さんになる方に対して、何かの時にはこんな風にお声をかけて差し上げたいと思うことや、実際に医師として、折に触れてお話しているような内容が、この本の中ではよりわかりやすく、より印象的に書かれていることに共感と感動を覚えました。多くの妊婦さんやお母さんに読んでいただきたいです。」
愛育病院 院長 中林 正雄氏
「素晴らしい本です! この本は、みんな頑張って生きてね、という皆さんへの応援歌ですね。生れて来る赤ちゃんにはそれぞれ『目的』があること、皆さん自身も『目的』を持って生れてきた素晴らしい人であるということなど、たくさんの気づきがちりばめられています。この本の一頁一頁に感動があり、生きる希望が感じられます。いいお産を目指している産科医として、妊婦さんにはもちろんのこと、お孫さんの誕生を待っている人、これから子どもを授かる人など、多くの人に読んでいただきたい本です。」
池川クリニック院長 池川明氏
著書に「おぼえているよ。ママのおなかにいたときのこと」等がある。
読者からの感想・メッセージ
本を読んでくださった方々から、たくさんのメッセージが寄せられています。
ここでは一部を紹介します。
子供の気持ちもわからず、思い通りにならず育児に悩むことも多くなってきた今、この本に出会えて原点に戻ることができたような気がしました。
・・・やっぱり命ってすばらしい・・・
(32歳・5歳児と1歳児のママ)
私たちが親になった意味、娘が私たちを選んでくれたことの意味を改めて気づかせてくれたこの本にとても感謝しています。娘がもう少し大きくなったら、ぜひ一緒に読みたいです。
(27歳・2歳児のママ)
どのページをめくっても自分に、子供に、母にあてはまり、感謝と感動がこみ上げてきました。妊娠って、出産って、そして子供との時間って素晴らしい!この素敵な機会に恵まれた私は本当に幸せなんだって思いました。
(34歳・1歳児のママ)
以前はフルタイムの仕事をしていました。出産した後はできるだけ早く社会復帰したいと考えていましたが、「ママというお仕事」は女性にしかできない立派な仕事で、今しかできないんだなぁと素直に思うことができました。
(29歳・2歳児のママ)
 Think-D出版
いつもみてるよ。がんばってるの、しってるよ。
12dogs
いつもそばにいるよ
エンディングノート
携帯サイト